イベントコンパニオン/フォトモデルとして活動する高宮葵のブログ。 日記は毎日・TOP画像は不定期で更新中。 仕事・日本手話/ASL・ノルウェージャンの話題など。
2014.12.29TOP画像/Nobuさん
Nobuさん
* お知らせ *
女子カメWatchにて連載していた『高宮葵の女子カメトーク』、無事終了しました。
全7回のバックナンバーはこちらからどうぞ→

デコレンズキャップ作りの記事は、こちらをクリック→

お仕事のご依頼は、ページ下のメールフォーム経由でご連絡下さいませ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:スポンサー広告
  4. |
ネットで注文した水着が、やっと!!
やっと!!
やーーーっと届いたの!!

購入ボタンをぽちってから、手元に来るまでに2週間だよ
私はちゃんと、すぐ振り込みしたのに(-_-;)
ネットショップにあるまじき遅さじゃない??

まぁでも、可愛いからいいや。
単純


こんな感じの水着だよ↓↓
ピンクストライプの水着

撮影用に、水着は腐るほど持っているんだけど、「なにか目新しいデザインを」という気持ちが高まるにつれて……。
ここ最近どんなのを買って着てるか、ブログのTOP画像を定期的にチェックしてくれてる方は、ご存じだよねww

今回、私にしては珍しい、正統派?なデザインを選んでみました。
奇抜な所を巡り巡って、またスタートに戻ってきたのか。

ストライプって、ほとんど着た事が無いのです。
なぜか、食指が動かず。
チェック柄は大好物なんだけどね。


ところでところで。
タイトルの“眠れる才能”ってやつだけど、くだらな過ぎてひかない
ひかないっていう人だけ見て下さい(・∀・;


↑の画像をもう1度見返してもらうと分かるけど、腰の両サイド・カップの間・首の部分の計4つ、リボンが付いてます。
縫い付けてあるわけではなく自分で結ぶのだけど、めっちゃキレイな形に結べてるでしょ

いつもレストローズの服を着ていて鍛えられたのか(←リボン多様のデザイン)、を美しく結ぶ才能が、今開花したよ!!

あの、それだけです……。
だからくだらないって言ったじゃん。。
ちなみに、人のを結んであげるのは苦手です。
仕事でコスプレする時に頼まれると、密かにオロオロしますw
スポンサーサイト
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:画像付き日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
  6. |
前の記事からの続きです~。

7/24(土)に写真展についての最後の打ち合わせがありました。
データの入稿は既に終わっていたので、主に事務的な面での詰め。
不特定多数の人が来場する催し物、という意味では、仕事柄慣れているので、私も同席しました。

そしたら、その席で親方から、「葵ちゃんのブックも置けば??」という無茶振りががが
置けばって、あと4日で作れって事かい(-_-;)
まぁ、絶対無理って言うなら断れば済む話で、それが出来ない雰囲気って事でもない。

でもね~、あのね~、業務撮影の時でもそうなんだけど、親方って、そこら辺のさじ加減が絶妙なのよ。
絶対無理な話は持って来なくて、出来るか出来ないか、私がストレスに感じるか否かの微妙なラインで話を振って来るのさ。
余裕綽々の課題では、人はなかなか成長しないという事を、よくよく知っているのかもしれないw

他のメンバーからも、「場馴れするつもりで、楽しんでやってみなよ」と言われ、作る事にしました。
心中密かに、「作る事は決意したけど、でも置くとは決めてない」という考えがありました。
いくらイレギュラーでおまけ扱いとは言え、あまりにも不出来なものは、やっぱり置けないよ。
だから、作った後に見てもらって判断してもらおうと思った。


ブックは20枚で、手持ちの画像では到底足りないので、翌25日に新たに写真を撮りに出かけました。
周りのサポートを得ながら、何とか撮影終了
26日も、自宅庭にて撮影。
27日は、ちまちまちまちま画像補正&セレクト。
そして昨日、プリントアウト。

あ、そうだそうだ。
まだきちんと告知してなかった。
被写体はゴードン(羊)です!!


セレクトについても、自分なりの理由を以て臨みました。
「写真全体としてはこっちがいいけど、ゴードンの顔の可愛さで選んだらこっちかな~」って迷ったり、「このショットは苦労したから入れたいけど、でも苦労度で選択するのは、何か違う」って思ったり。
この辺は、毎週一枚画像を選んでTOPに貼るという習慣を5年続けてきた経験が、多少生かされてるのかな?

作業している最中から、「自分なりにいいものができそう」と感じ、プリントを見て、「親方からNGを出される事は無い」と確信しました ←強気w
拙さばかりが目立つかもしれないけど、でもとにかく、今持ってる知識と判断力は、フルに働かせたつもりです。


私の周りには、プロアマ問わず、ものを作る人・表現している人が多い一方、自分自身はそういう事に無縁でした。
そういう自分に、何とな~くコンプレックスめいたものを感じていました。
今回、思いがけずブックを作る事になり、「あー、私もこっち側に来たんだ」と嬉しくなった。
何より楽しかった。

私は理屈っぽいマニュアル人間なので、答えがはっきりしていないものが、あまり好きではないです。
「答えは自分なりに」というのは、自由さよりも、プレッシャーになる。
そういうツマラナイ子だったんですw
そんな自分が、“私の正解は何か”を探して、試行錯誤を楽しんでいるのが、実に不思議な感覚でした。


思い起こせば、2009年の4月にを買って以来、色んな人に導かれて、写真を楽しむようになりました。
最初は、シャッターの半押しすら知らなかった私が、おまけとは言え、写真を見せる場まで与えてもらえるなんて……!!
人の褌で相撲を取るとは、正にこの事w
ゴードンと一緒に仕上げた写真、是非見て下さい

そしてそして、重大な事を言い忘れてた。
あくまでもコッソリ展示しています。
何せほら、ポートレートギャラリーだから。
羊の写真がドーーンっとあったら、まずいでしょ??

【出展者】証を付けたSBCメンバーが受付付近にいるので、「高宮のブックありますか?」とか「ゴードンの写真ありますか?」と、声をかけると、ブックが出てきます。

2010-07-28 23:48:01
それでは改めて、ご来場をお待ちしております
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:画像付き日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
  6. |
私が出演しているフォトサークル「ぷりずむ」の中の小グループSBCが開く写真展が、本日よりスタートしました。
http://www.sbc-photo.net/sbc.html

たまに勘違いされるのですが、“私が撮った写真”を展示しているわけではありません
“私がモデルとして写っている”写真が展示されております!!


「撮影会でもここまで出来る」というのが、写真展で訴えたい事の一つのようです。
私自身も、SBCに関わるようになる以前からこういう考えを持っていて、ぷりずむやSBCに限らず、他の撮影会に出演する際も、その点を意識しながらモデルを務めていました。
SBCのメンバーと共に写真を作っていく中で、「あ、この人達も、同じ考えを持っているんだ」という事に、次第に気付き、正に我が意を得たり…という感じでした。


話が前後しますが、私のブログに度々登場する“親方”は、SBC世話役(代表)の“ありまさん”です。
別に隠しているわけではなく、その都度説明を入れなくても分かりやすいという理由で、便宜上“親方”と表現してるだけ。

「何事も勉強になるから」という親方の計らいで、写真展の打ち合わせの場にも、立ち合わせてもらいました。
素人目線・女子目線・モデル目線の意見が欲しかったというのもあったみたい。
ほら、私って遠慮が無いしさーw

そういうわけで、一出演モデルという立場以上に、この写真展に対して、想いを寄せています。
自分が撮影アシスタントで入った時の写真も、作品として上がっているので、感慨深いものがあります。
↑いや、大したお手伝いはしていないのだけどね。。


ご自分で写真を撮る方の中には、「人の写真は興味が無い」という考えの人も少なからずいて、それはそれで仕方ないというか、個人の嗜好だと思うんです。
それでもなお、「見に来て下さいね」と、やはり言いたい。

極端な話、写真に興味が無くてもいいの。
「自分が知らない所で、葵ちゃんはこんな風にしてるのか」と思ってもらえれば。
こんな風に書くと、「どんだけ自分好きだよww」って感じですが、私にとっては、授業参観に近いです。
子供の頃は、親が来てくれるのが嬉しかったでしょう?

撮影関係のお知り合い以外にも、足を運んで頂きたい
さらに、女の子も来てくれると嬉しいな。
と言うのは、冒頭に書いた話に戻るんですが、「撮影会でもここまで出来る」という事を知って欲しい。

昨今の撮影会業界は、団体数がとても増えています。
例えばコンパニオンをやっている子なんかだと、周りでそういう話が多くて、本人が希望すれば、比較的スムーズに出演可能なんですね。

撮影の楽しさを感じている子がいる一方で、2~3回出演して、「何か違うかも」と遠ざかってしまう子もいます。
気質的に合わないという子も確かにいるだろうけど、楽しさに気付く前に去ってしまう子も多いような印象で……。
私自身も撮影する側を経験するようになってからは特に、勿体ないな~って強く思います。

そういう人達の中で、「あ、こういう写真もありなんだ」とか、「こんな風に撮られたい」なんて、写真を見て感じてもらえたら、素敵だなー


期間は7/29~8/4まで。
時間は10~18時(最終日のみ14時まで)
四谷のポートレートギャラリーにて、無料で開催中です。
http://www.sha-bunkyo.or.jp/

私は7/31(土)の午後いっぱいは、会場にいる予定です。
皆さまのお越しを心よりお待ちしています


↑↑という日記を書く予定が、ここ数日で急遽予定が変わりました。
なんと、“私が撮った写真”をブックに入れて置く事になったのです
長くなったので、記事を分けまーす。
詳細は、次の日記で
引っ張ってるわけじゃないのよw
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:お知らせ
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
  6. |
今日は、やる事盛り沢山


まず朝起きて、自宅庭にて、ブック(詳しくは次の記事にて紹介)の裏表紙用写真の撮影。
イメージに近い形で撮影成功!!
どんな風に撮ったかは、ここでは伏せておこうっと。
ネタバレになっちゃうもんね


そして、ビックカメラに移動。
昨日までに仕上げておいた、ブックに入れる為の写真を2Lサイズでプリントアウトをしたところ、問題が2件発生


今回、量販店などで売ってる普通のポケットアルバムに写真を入れて、ブックにしています。
表と裏には元々、写真が印刷された台紙(私の場合は金魚柄)が入っていて、その台紙は2Lより若干大きいのです。
(1)自分で撮った表紙用写真(2L)を入れると、下の金魚の写真がうっすらはみ出る。
これが問題その1です。

あらかじめ親方からは、「↑こうなるよ」と聞いてはいたけど、「たぶん、自分的に気にならないと思うので大丈夫です」って言ってたのね。
でも、やっぱり気になったというw

親方にヘルプしたら、「世界堂とかでA4サイズの紙を買って、カッターで切って入れれば大丈夫」との事だったので、解決はひとまず後回し。
しかし、私にとってはさらに重大な問題が!!

表紙用の写真には題名と、右下に自分の名前を入れたのです。
(2)プリントしたら、名前の下の方が少しだけ切れてる~。
で見た時は大丈夫だったのに、何故 Σ( ̄ロ ̄;

後から色んな人に話を聞くと、何故も何も、単に印刷前にプレビュー画面を見なかったのがいけなかったようなんですが、普段は私、写真はおろか、WEBサイトのプリントアウトだってしないからさ~。
え、関係無い

しかも、あまりにショック過ぎて、この件は親方にも言い出せずww
↑要するに、直せないと思った。
で、直せない以上は、切れてるのは少しだけだ(と思い込みたい)から、「むしろ、言わなきゃ気付かない人もいるのでは??」的な。。
まぁ、今振り返れば、誰が見ても気付くレベルで切れてるけどw

「私、終わった」と絶望しつつ、次の約束があるのでビックカメラを後にする。


諸々の用事があり、Lass事務所がある高田馬場へ。
Lassではここ最近、300円払うと食べられるまかないご飯があるので、私も頂戴しました。
メニューは、麻婆茄子・チンゲン菜の炒めもの・帆立紐の和え物・ワカメスープ。
しかもデザートとして、メロンまで供されました
お店で出せそうなレベルの料理で、300円以上の価値ありでした~。

この後、コミケ用の買い出しに同行する手はずになっており、さらにその後は写真展の準備を見学する為、四谷に行く予定だったんです。
「四谷で下ろせばいいの??」と聞かれたものの、私には、新宿の世界堂に行くという新たなミッションが。。
いや、文具店でも事足りそうだとは思ったけど、ウロウロ探し回るよりは、所在地が確実に分かる大きいお店に行くべきかな~と考えて。

で、かくかくしかじか事情を説明し、勢いに任せ、表紙の名前が切れた件も話してみたところ……なんと!
問題(1)(2)共に、Lassの人達が何とかしてくれる事に!!
ぬおおぉ、ありがたや(つд`)クスン

データを入れてたのがxDカードだったので、半ば諦めていたのですが、ラッキーな事にスロットがありました。
さすが、PC用のゲームソフトを作っているメーカーさんです。
え、関係無い

A4の光沢紙に印刷してくれました。
キングオブ不器用の私が躊躇してたら、表紙サイズに合わせてカッターで切るところまでやってくれたっていうね……。

ありがた過ぎて、涙がちょちょ切れます。
っていうか、仕事で来たのに、何やってるんだ。。
しばらくの間、馬場に足を向けて眠れません。
あまりの申し訳無さに、まかない代として500円置いて来ました

紆余曲折の末やっと買い出しに出かけ、コミケの段取りを相談しつつ、原宿の竹下通り界隈をぐるっと一周。
目標に近い品々を発見し、四谷のポートレートギャラリーまで送って頂きました。
本当にもう、何の為にお邪魔したのか分かりません


ギャラリーに着いてからの話は、次の記事に続きます

間髪入れず立て続けに更新する予定だったけど、もうダメ…眠い(=_=)
活動限界時刻を突破したので、床に入らせて頂きます。
意志薄弱な私を許して下さい
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:いわゆる普通の日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
  6. |
一杯飲んで、ただいま帰宅
今日の出来事は濃い上に、話が込み入ってるので、日記は記事を2件に分けようと思います。
しかも、時間差無しで一緒に上げたいの。

……というわけで、もそもそ作業します。
更新が遅くても、寝ちゃったわけじゃないのよ、というお知らせでした。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:いわゆる普通の日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
  6. |
詳しい事は、明日にもお知らせ出来ると思いますが、諸事情によりブックを作ってます。
写真20枚+表紙・裏表紙。
どうにかこうにか、見繕ったよ。
もうこれ以上は出ませーん。。

今日はずーっとテキスト片手に、ちまちまちまちま画像補正をしてました。
最初は、ザ・孤独って感じだったけど、段々楽しくなってきた~w
だがしかし、アートフィルターを使って撮った画像をレタッチするのは難しい。
今後フィルターを使う時は、RAW+JPEGで撮ることを肝に銘じたよ。
※RAWで撮っておけば、後からフィルター効果を乗せる事が可能。

製作期間は4日間しか無かったけど、今の自分の力は出せたかな
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:いわゆる普通の日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
  6. |
今日はSKPで、撮影してきました。(私が撮る側)
ふ~~~暑かったよ(´д`;
またもや、目がジュクジュクする。
撮った写真は、近々某所にて、ひっそりとお披露目出来る予定です。


アシスタント(?)で来てくれた親方・ぱぱ・たいちょー、ありがとう!!
レフを当ててくれたり、撮影場所をキレイにしてくれたり、モデルの面倒を見てくれたり、感謝です
人使いが荒くて、すみませぬ。。

いやーー、アシスタントって重要だね
マイミクさんとかの、「○○さんの撮影補助をしてきた」的な日記を見ても、今まではふーーんっていう感じで、特別な関心は持っていなかったんですが、今回の事で、重要さが身にしみました。
本当にありがたい。


自分で言うのもなんですが、私はモデル側(そこそこ)/撮り手側(多少)、両方経験しているので、アシスタントとして使い勝手は悪くないと思いますw
なにより女同士なので、モデルさんの髪とかを直す場合、気兼ねが無いでしょう??

だから、「誰か、撮影補助してくれないかな~。人がいなくて困っちゃう」っていう時があったら、呼んで下さい。
知り合い限定になっちゃいますけど、いつでも行くよ
あーー、いつでもは言い過ぎか~w


ちなみに、私の撮影スタイル
親方が自分のE-PL1で勝手に撮って撮ってくれました。
撮影スタイル1

こんなのも。。
撮影スタイル2

これ、まだマシな方です。
他のはひど過ぎて、公開NGなのさ
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:画像付き日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
  6. |
親方に召喚されたので、町田にやって来ました。
飲み屋にて、写真展の打ち合わせ中。。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:画像付き日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
  6. |
昨日の日記に書いた、“先生”なる人物は、小石川植物園園長の邑田仁教授のようです。
我が家で取っている東京新聞(22日付けの紙面)で、スマトラオオコンニャクの話題とは別に、小石川植物園の事がたまたま取り上げられていました。

記事によると、園内の温室がだいぶ老朽化していて(ガラスが割れてたり、支柱が腐食していたり)、ピンチなんですって
で、立て直すには多額の費用がかかるけど、なかなかお金が集まらず、園内で採れたギンナンをのど飴にして、1袋300円で売ってるらしい。。
苦労しているんだね(つд`)

このタイミング、たまたまじゃないのかな。
花の取材で、報道陣がたーくさん来てたから、エピソードを拾ってもらえたのかもしれないですね。
スマトラバブルで、少しでも潤えばいいなぁと思います
皆さんも死体花のニオイを体験しに、足を運んでみてはいかがでしょうか
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:いわゆる普通の日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
  6. |
去年私が書いた、「世界の醜い植物トップ10」という日記を覚えているでしょうか?
この記事なんですけど↓↓
http://plaza.rakuten.co.jp/aoitakamiya/diary/200908060001/

栄えある第1位に選ばれたスマトラオオコンニャクが、日本でも咲くという事で、この炎天下の中、小石川植物園まで行ってきました。

入り口に貼ってあったのが、これ。
小石川植物園入り口
観覧券は向側の米田商店でお求め下さい
米田商店って、煙草屋さんなんですけど。
正式な券売所が無いのね(・∀・;

実物はこんな感じ。
スマトラオオコンニャク1
期待に違わぬ、奇怪な姿。

しかし、残念ながらまだ咲いていなくて、“死体花”と呼ばれる所以である臭いも、全く感じず。
スマトラオオコンニャク2
この合わさった部分がほころんで、開花するのかな??


どう撮るのが正解なのか、考えあぐねていたところに、“先生”なる人物登場。
蕾状の部分を観察したり、サイズを測ったり。
その様子を見て、集まって来る見物客・取材陣
先生登場
ちょうど私が撮影している最中だったので、どこかの局の夕方のニュースに映り込んでるかもw

日中に開花する事は無いようだったので、帰ったんですけど、どうも私が去った2時間くらい後で、ほころび始めたみたいです。
ちょっと残念

リアルタイムの花の様子は、こちらから↓↓
http://www.bg.s.u-tokyo.ac.jp/koishikawa/+Amorphophallus/+A.titanum2010/titanum.html


暑い中ウロウロしていたので、目がジクジクします
この後、場所を移して、ちゃんとしたキレイな花も撮ったんだけど、その写真はまた改めてー。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:いわゆる普通の日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2
  6. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。