イベントコンパニオン/フォトモデルとして活動する高宮葵のブログ。 日記は毎日・TOP画像は不定期で更新中。 仕事・日本手話/ASL・ノルウェージャンの話題など。
2014.12.29TOP画像/Nobuさん
Nobuさん
* お知らせ *
女子カメWatchにて連載していた『高宮葵の女子カメトーク』、無事終了しました。
全7回のバックナンバーはこちらからどうぞ→

デコレンズキャップ作りの記事は、こちらをクリック→

お仕事のご依頼は、ページ下のメールフォーム経由でご連絡下さいませ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:スポンサー広告
  4. |
今日は、小学校の運動会を撮影してきました。
初めてお仕事を頂く写真館さんで、初めての販売用写真。
初めての集合写真撮影、借り物のC社の
当然、レンズにも慣れていなくて、正直しんどかった(´д`;
↑楽しさも感じたけど。

そして、集合撮影でやらかしました
設定上の大きなミスを2つしてしまって、しかし、その2つが掛け合わされた事により、偶発的に怪我の功名な感じで、後からどうにか救える画が撮れてたのでした。
救えるっていうか、親方に救ってもらうんだけどさ

社長さんは、「(その偶然は)写真の神様が降りてきてるんだよ。これからも仕事続けろって事なんだよ」と言って下さったけど、「あーー、結果オーライですねラッキー!!」なんて言うほどの呑気さは、さすがに私は持ち合わせていないよ。。
そりゃ、撮れてないよりは、撮れてる方がいいけど。
↑怒られるのが嫌って言うよりは、クライアントさんに迷惑かけなくて済むので。


親方からは、「(全体的には)思ってた以上に撮れてる」って言ってもらったけど、それに何の価値があるのか。
自分としては、決して安請け合いしたつもりは無いけど、どういう経緯にしろ承諾して、現場で実際力不足を自覚したのだから、結果的には安請け合いしたのと同じ事だよね


今回痛切に感じたのは、「私本当に、ストロボが全然使えないんだなぁ」と。
それから、露出――それも特に、背面液晶で見た時に、自分の判断に自身が持てなくて、「カメラが正しいって言ってるんだから、そのままの方がいいのかな?」とか思ってしまいがち。
使い慣れていない機種だから…ではなくて、それ以前のレベルで。

“カメラが言ってる事がいつも正しいとは限らない”というのは、知識としては知っているし、実感した事も、これまでの撮影の中であるけれど、なんか勇気が出なくて。
自分の目とか感覚が信じられない。

あー、ブラケット撮影をしておきゃいいのか。
でもなんか、本質的な解決にはなっていない気がする。
解決になっていようがいまいが、業務撮影にはそんな事関係無くて、撮れてるか撮れてないかが問題……


うーーんうーーん
疲れたから、今夜はもう、考えるの止めようっと(-_-;)
スポンサーサイト
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:いわゆる普通の日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:8
  6. |

片桐寿憲さん編4-1
片桐寿憲さん編4-2

今週のTOP画像は、またもや片桐さん撮影です
夕霧亭始まって以来、初の試みとして、2枚組にしてみたよー。
いかがでしょうか。

1枚目は、これはアヒル口っていうの??
よく分からないけど。
とりあえず、狙って出来るわけじゃあないのは確かw
ここまで目線を流してるのは、珍しいですねー。
モデルを始めてから数年は、目線を流し過ぎる癖があったのだけど、ここ数年はトレーニング?により、だいぶ自分で気を付けられるようになってきたので。

この時は、なんか雑談しながら撮っていたんだっけかな。
↑そういうの、苦手だったけど、最近ちょっと克服。
ちょっとだけ、ね
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:今週の一枚☆
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
  6. |
昼寝して昼寝して
爪のお手入れをして。
それから、滞りまくっていたコメントのレスをしました。
いつも書き込んで下さって、ありがとうございます
お返事は遅いけど、レスの確認自体は、書き込んだ後すぐにしているんだよ~。

あと、フォトパスの方に頂いてたコメントにも返信して、カメラ部のトピにもガシガシ返信しておいた。
カメラ部のトピは、部員とOG以外は書き込めないけど、閲覧自体は出来るよ。
昨今のカメラ女子事情を知りたい方は、覗いてみてね~↓
http://comm.fotopus.com/?m=pc&a=page_c_home&target_c_commu_id=36

あと、フォトパスに新しい写真をあげてるよー。
こっちもよろしく
http://fotopus.com/index.html/module/MyFotoPus/action/MyFotoPusDetail/mem_cd/2009033100000235721

↑オリンパスユーザーじゃなくても見られるよ!!
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:いわゆる普通の日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2
  6. |
カメラ部の、宿題の話。

よくよく考えたら、マネージャーである私は、「宿題をやって来るように」とは、言われていないのであったw
でも、「やっちゃダメ」とも言われていないので、勝手に取り組んでます(^ω^)
部員さんと同じように過ごした方が、何かといいでしょう。
気持ちにも沿えるし、“疑問に思っているであろう事”も、察しがつきやすいかも。

その観点でだけ考えると、“素晴らしき写真”を提出する必要はなくて、ある意味“こなして”いれば良いのだろうけど。
でもそれは、私はイヤだ。
少なくとも、自分自身は納得している写真――作品を、「これです」と出したい。

実際には、この期間で3枚撮って出すって、結構大変なんだけどね
自分を納得させるのって、大変。。
私ですら、こうなんだから、個展を開く写真家さんは如何ばかりか……と想いを馳せる。


バレエを習っている時に、先生が言ってた。
「作業はするな」って。
たぶん、本質的には同じ事。
目指してるのは運動じゃなくて、踊りなんです。
私は、踊り続けてやる(`・ω・)

ささやかなる、私の矜持。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:女子カメラ部
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2
  6. |
料理教室に通って、ん~~、9年くらい?
もっと??
最初の1年は、【入門編】を受講してました。
基礎的な事を教えてもらえるクラスで、今にして思えば、かなり手順が楽なメニューの数々。

例えば、牛乳と生クリームで作るチャウダー。
小麦粉は使わないよう、アレンジされてるの。
※ホワイトソースの作り方は、入門の上のクラスで実習。

先生は、「簡単に出来て美味しいなら、それに越した事はないじゃない」って。


私は折に触れて、その言葉を思い出す。
料理以外でも、そうなんだなって感じます。
写真も、凸製作も。

オートで撮って、本人が気に入るなら、それでいいんだと思う。
気に入らないのに、オートで撮る以外の術を知らないなら、それは残念な事だけど。
凸も、プロセスに価値があるのではなく。
出来たものが全てだなぁー。
1番まずいのは、手間をかけた事に対して、過度に思い入れ持ってしまう事よ。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:いわゆる普通の日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2
  6. |
今日も今日とて、デコレンズキャップ(以下、凸)作成の為、パーツ探し
仕事が終わった後、家電量販店や手芸屋さんを覗いてまわる。
ウロウロした甲斐があって、アイデアが降ってきたよー。
凸の神様、ありがとー!!


ところでところで。
凸を付けてると、「葵ちゃんって器用だねー」とよく言われます。

いいえ、不器用です。

勘違いしてる人、めっちゃ多いんだよねー。
下手なりに、作ってる過程を楽しめるようなタイプ……でもないのだよ。
私のモットーは、「(可能な限りは)万事、金で解決」なので、売ってるなら買いたいです。
でも、現実には無いので、自分で作るしか無いじゃんという、悲壮な覚悟なのであった
可愛い凸を使いたいという気持ちだけで動いてるよー。

しかし、人間、何かしら秀でた所はあるものです(^ω^)
「なるべく作りたくないんじゃああ」という気持ちがそうさせるのでしょうか、凸作りに流用出来そうな既製パーツを見出す事には、なかなか長けております。
こういうパーツはマイナー過ぎて、足を使って実店舗で探すというのはほぼ不可能な場合もあるのだけど、私はでの検索がかなり得意なので、「かなり短時間に」「最初に探していたものよりさらにいいものを」見つけて、ネットで注文する事が多いです。

窮すれば通ず、ってやつですな(`・ω・)
不器用者が、何とか頑張ってるよー
明日も1枚、仕上げるぞー!
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:いわゆる普通の日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
  6. |
今日は写真家の片桐氏と、撮影の打ち合わせをしてきました。
前に撮った写真のロムも貰ったど~。

自分で写真を撮る事ばかりで、撮られる事から遠ざかってしまうと、調子出ないって言うか、若干不安になる。。
というわけで、週明けの撮影は、張り切って取り組みます(`・ω・)
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:画像付き日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
  6. |
今日は、ショールームでお仕事をした後、料理教室へ行ってきました。

空豆と手羽先の煮込み
空豆と手羽先の煮込み
この空豆のシワ感、伝わりますか……

洋風卵豆腐
洋風卵豆腐
この赤いのはトマトです。
温かいトマトと卵ってよく合う(^ω^)

新じゃがいものブルーチーズサラダ
新じゃがいものブルーチーズサラダ
ゴルゴンきたー!!
私はダメだったわ
料理教室仲間のさとさんに、食べてもらったよw
味はさておき、どーにもこーにも撮影映えしない食材なので、露出を+0.7にしてみた。

ごちそうさまでしたー
5/25のメニュー
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:画像付き日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2
  6. |
女子カメラ部には、宿題がありますー
前回は、【アートフィルターを使った写真】
2Lにプリントして、3枚以上持って行くの。
みんなの作品は、こんな感じ↓↓

1回目の宿題その1
1回目の宿題その2

私の写真、どれだか分かるー

そして次の宿題は【ボケを意識した写真】
むむむ、難しいー。
私は普段、ボケを意識(どうするか検討)した結果、結構絞って撮る…という事が多いような気がするのです。
うーんうーん。



いつもと気分を変えてみようかな~と思って、初めてのテーブルフォトに挑戦
テーブルフォトっていうのは、お気に入りの小物などを、テーブルの上で撮る事です。
別にテーブルじゃなくてもいいのだろうけど、要するに、ブツ撮りを自宅で気軽にやろうぜー!って事だと思います。

正直、今まではあんまり食指が動かなかったのです。
「女子供がやるもんだろ」的な(^ω^;)
いや、みなまで言うな。
私も女ですよね、はいw


先日、母の日にバームクーヘンをあげた時、お店の人が、おまけでカーネーションを付けてくれました。
その花の元気がいよいよ無くなってきて、母は花の所だけ切って小さい器に入れて、キッチンに飾っていました。
それを見て、ピーーーンと来たね。
水盆にお花を浮かべて、それを撮ろうって!

それで昨日、親方にその話をしたら、「下からライトを当てたら」というアドバイスをもらったので、実行に移すべく、100均で色々買い込んできました。
いやいやいや、100均すごいねー。
私の撮影の為に売られているとしか思えない、薄べったいLEDライトが売ってたよ。
元々は、何用なのであろうか。

花屋さんも覗いてみて、そこそこのお値段でイメージ通りのお花を見かけたけど、花の所からぷっつりするのがどうにも躊躇われて、自宅の庭に何か使えそうな花が咲いていた気もするので、何も買わずに帰りました。
母に、庭の薔薇を切って良いと言われたので、その日はそのまま就寝。

そして今日、お昼にラーメンを食べに、母・妹と出掛けたところ、近所の道路に、薔薇の花びらが散っていたので、「これ、いいかもー」と思い、ティッシュで包んでお持ち帰り。
汚れていたから、洗ってみたよ↓
花びら入浴中!



どんな写真が撮れたのか……は、まだ内緒
親方から、もう1つアイデアをもらったんだけど、それもまだ言わない~。

感想だけを言っちゃうと、テーブルフォトは楽しかったですー。
全部、自分で操作できる感がね。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:女子カメラ部
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
  6. |
今週のTPO画像も、片桐寿憲さん撮影です。
続き過ぎ?w


これ、どこで撮ったか分かります
フツーーーーーの民家だよ。
光を読むって大事なんだなぁと、感じざるを得ない。


この時撮った写真を見て、「あ、別に私、ポートレートは撮る側じゃなくていいや」って思った。
自分でを買ってから、3回くらいモデルの女の子を撮らせてもらって、それはそれで楽しかったけれども。
でもそれは、“物珍しさ”込みでの楽しさ……かな??
アートフィルターが楽しくて、一通り使ってみる感覚に近い。

「まだ撮られる側がいいな」ではなく、「ずっと撮られる側がいいな」かも。
たぶん私は、そういう在り方の人間なんでしょう。
ポートレートを撮るのって、それはそれは大変だって悩み多き事というのは、周りの人を見ていて察せられる。
花でも鳥でも、撮影に際しては、それぞれの分野にしか無い困難さがあるだろうけど、やっぱり、対人間って、重いのでしょう。

そういう事に心を砕いてまで、私はポートレートを撮りたいわけではない、と思った。
1人が頑張れる分量って、恐らく有限だから、それなら私は、(ポートレートに関しては)撮られる側に力を注ぎたいな。
この日の写真を見て、「“今まで出していなかった自分”って、まだあったんだー」と感じたという事は、まだモデルとして伸び代があるはずなので、そちらに集中したいです。

年を重ねても、フォトモデルを続けられるといいけど。。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:今週の一枚☆
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2
  6. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。