イベントコンパニオン/フォトモデルとして活動する高宮葵のブログ。 日記は毎日・TOP画像は不定期で更新中。 仕事・日本手話/ASL・ノルウェージャンの話題など。
2014.12.29TOP画像/Nobuさん
Nobuさん
* お知らせ *
女子カメWatchにて連載していた『高宮葵の女子カメトーク』、無事終了しました。
全7回のバックナンバーはこちらからどうぞ→

デコレンズキャップ作りの記事は、こちらをクリック→

お仕事のご依頼は、ページ下のメールフォーム経由でご連絡下さいませ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:スポンサー広告
  4. |
今週はESEC(組込みシステム開発技術展)でお仕事でした。
リピート頂いて、去年と同じブースでお世話になりました
20140516


こちらのクライアントさん、どういうわけか、
営業チームの主力がいぶし銀の世代で構成されている(ように私には見える)んですよね。
別にケチをつけたいわけじゃなくて、単純に珍しいなぁと思って。

で、そのいぶし銀の方々の営業センス?たるや、傍で見ていてすごいのですよ。
阿吽の呼吸?
ほどよいフレンドリーさ。
フットワーク軽い。
と言って、(表現が悪いかもしれないけど)無駄打ちはしてない感じ。

見ていて心地よいです。
そう言えば私、去年も同じように感じた覚えがあるわ。
私の仕事にも、何か活かせないかなぁw


そうそう。
展示会で説明員として立つことになった人向けに、一つアドバイスを載せておきます。


自分の担当コーナーに立って

お客様が来たら説明して

名刺を頂いて

顧客メモを書く(もしくは、お客様にアンケートという形で書いてもらう)

B to B の展示会だと、よくある流れだと思うんですけど、
説明するところまではよくても、名刺をもらおうとするとお客様から、
「いやいや、私は決定権がある立場じゃないんで」とか
「今回、勉強しにきただけなんで」とか言われちゃうのよね
説明員として立ってるのが技術畑の人だと特に、そこからひっくり返すのは厳しいですよね(ヽ'ω`)

その場合の対策なんですけど、
「お名刺、頂けますか?」って言うんじゃなくて、先に自分の名刺を渡しちゃうの。
「何かございましたら、こちらに…」的な感じで。
「名刺交換させて頂けますか?」は重いからNGね。
最初はあくまでも、自分の名刺だけを渡す雰囲気で。

その時点で「要りません」とか言う人は、そんなに居ないですw
受け取ってもらった後で、「(あなたのお名刺も)頂いてよろしいですか?」と言うわけです。
そこで「じゃあ、あなたの名刺要りませんから返します」って言う人は、ほぼ居ないです。

もし、「いやぁ、名刺はちょっと……」って言われちゃっても、
自分の名刺は渡せてるわけですから、成果ゼロよりはマシじゃないですか。

アンケートも、なかなか書いてもらえなかったら、
お客様と話しながらアンケートの設問を会話に交ぜて聞き出しつつ、後で自分で書けばいいんです。
それで、上記の方法で名刺をゲットしてアンケート用紙に貼り付ければOK。

会社の方針もあるでしょうから、名刺をばらまけって言ってるわけじゃないの。
ただ、こういう方法もあるよって話です。
ホットなお客様に、ここぞという時に使うのもいいかもしれません。
アンケートや名刺がなかなか集まらずに困ってる方は、ぜひ試してみて下さいね
関連記事

テーマ:仕事日記 - ジャンル:就職・お仕事

  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:画像付き日記
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
  6. |
コメント









:

トラックバックURL
http://aoitakamiya.blog.fc2.com/tb.php/4232-783de494
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。