イベントコンパニオン/フォトモデルとして活動する高宮葵のブログ。 日記は毎日・TOP画像は不定期で更新中。 仕事・日本手話/ASL・ノルウェージャンの話題など。
2014.12.29TOP画像/Nobuさん
Nobuさん
* お知らせ *
女子カメWatchにて連載していた『高宮葵の女子カメトーク』、無事終了しました。
全7回のバックナンバーはこちらからどうぞ→

デコレンズキャップ作りの記事は、こちらをクリック→

お仕事のご依頼は、ページ下のメールフォーム経由でご連絡下さいませ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:スポンサー広告
  4. |
昨日のブログでは力尽きて、割愛してしまったんですけれども。
手話教室の方の先生がまた、おもろい練習方法を教えてくれました。
別のお教室で入門の生徒を教えてる最中に、ふっとアイデアがわいたらしい。

一人が自由に身振りをし(←なんでもOK)
もう一人がそれを鏡に映したように真似っこする。
※自由に身振りする人が右手を上げたら、自分が上げるのは左手。

身振り⇒手話⇒空書 と順次レベルを上げていく。

これで何が得られるかというと、まず真似する力
手話がうまい人・うまくなる人は、他人のイケてる表現を取り込むのも上手いらしい。

あと、↑これとちょっと似ているけど、観察力
どんな人でも、手話の癖ってあるらしく、
【今真似してみて、相手の癖気付いたか?】って訊かれたけど、1個くらいしか分からなかったよ~。
ベテランの聾者が見ると、その人の癖とか、その人の手話力がどのくらいなのか、
短時間でも分かるんだって~。

それから、自分の体は自分が思っている以上にコントロールできていないらしいという気付き
【君たちは入門じゃないんだから、身振りだけじゃなくて表情も真似しなさい】と言われて、
真似してるつもりができていなかったり、
真似される側も、「私、無意識にこんな表情してたんだー」という発見があります

手話は音声ではなく絵的なイメージで伝える言語だから、
表情が乏しいのはもちろんよろしくないけど、
無意識に意図しない表情をしちゃってるのも、これまた問題でしょう。
撮影モデルの仕事とも通じるところがあるのかも。


それにしても、この練習法、自分の普段の課題・性格が見事に浮き彫りに!
私は、集中するあまり、一点を凝視して近視眼的になってしまうのが、
手話に限らず、人生においての問題なんですけれども、
今回もまんまと出てましたね~~( ̄▽ ̄;


そして、鏡に映したように真似するというのは、最初は難しいと思ったけど、
ルールを変更して、相手が右を上げたら自分も右手を上げる…にしたら、
もっと難しかったですw
関連記事

テーマ:手話の勉強 - ジャンル:趣味・実用

  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:手話
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
  6. |
コメント









:

トラックバックURL
http://aoitakamiya.blog.fc2.com/tb.php/4526-dcee4f2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。