イベントコンパニオン/フォトモデルとして活動する高宮葵のブログ。 日記は毎日・TOP画像は不定期で更新中。 仕事・日本手話/ASL・ノルウェージャンの話題など。
2014.12.29TOP画像/Nobuさん
Nobuさん
* お知らせ *
女子カメWatchにて連載していた『高宮葵の女子カメトーク』、無事終了しました。
全7回のバックナンバーはこちらからどうぞ→

デコレンズキャップ作りの記事は、こちらをクリック→

お仕事のご依頼は、ページ下のメールフォーム経由でご連絡下さいませ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:スポンサー広告
  4. |
地域の図書館が作成したという、非売品のを借りてきて見ました。
聾のおばあちゃんが、生い立ちや戦争体験、工場で働いた経験などを語っています。
もちろん手話。
日本語の字幕あり(字幕有/無を選べたらもっと良かったな)

語るべき内容を、事前に紙に書いて準備していたようです。
手元のカンペを見ながらだと、だいぶ日本語よりの手話でした。

空襲翌朝の光景のように、自身の記憶に鮮明に残っている体験や、
工場で使っていた機械の動き方や、その配置など、文字に起こしにくい内容を語る時は表現が一変し、
とても興味深かったです。
魅力的だし、分かりやすい。
手話という言語の素敵な部分が表れていました。

聴のお母さんの下に、聾の兄妹として生まれたそうです。
14歳と12歳で初めて聾学校に通うまでは、兄妹間では身振りでやり取りし、
ちゃんと会話できなかったというエピソードが心に残りました。。


DVDの中で、【生活が苦しい】という表現がありました。
最初、【生活】【ホッ】 に見えましたが、
ホッとしているんじゃなくて、貧しさににあえいでいる、息切れしているイメージなんですね。

危ない危ない、逆の意味になってしまう(・ω・;)
前にも一度だけ、聾者がこの表現を使うのを見ましたが、
これって、辞書にはあんまり載ってないよね……?

※もちろん、辞書に載ってる表現が全てじゃないです!
【ホッとする】は、だいたい載ってるから、
その欄で注釈を入れて【あえぐ】に言及してくれたら、手話学習者にとっては親切かなーって思ったの。
関連記事

テーマ:手話の勉強 - ジャンル:趣味・実用

  1. Edit
  2. | Permalink
  3. | Category:手話
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
  6. |
コメント









:

トラックバックURL
http://aoitakamiya.blog.fc2.com/tb.php/4763-0118daa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。